はま寿司肉にぎり研究所第一弾

はま寿司が肉にぎり研究所を発足させました。

すき家、なか卯、ココス、ビッグボーイなど、肉のノウハウを豊富に持つゼンショーグループの力を活用し、肉のにぎりを出しています。

肉は外国人にもなじみのある食材です。外国人観光客の増加を見据えた戦略かもしれません。

また、魚食の拡大で魚価が高騰しても、肉で代替できれば対応できます。

贅沢一貫

さて、味はどうだったのでしょうか。

感想

タッチパネルでもおすすめとして紹介されています。

おすすめメニュー
黒毛和牛握り
炙り黒毛和牛握り

肉が本格的なステーキのような感じでおいしいです。

1貫しかないのが残念ですが、ステーキのようで非常においしい。

いい肉を使っていると思います。

黒毛和牛握りはローストビーフ、炙り黒毛和牛握りはレアのステーキといった感じです。

第一弾とありますが、第二弾以降も期待が持てる完成度でした。

好評だったのか、近くの店舗では売り切れになっていました。

完売御礼の表示

番外編

他のおすすめも食べました。

まず、うにつつみ。スシローなどでもありますが、ここのうには濃厚でおいしいです。

うにつつみ
お前はもう死んでいる、とは言われません

有名声優の声での案内も楽しいです。ケンシロウや冴羽遼でおなじみの神谷明さんです。

はま寿司は、無難かつ安定、堅実なクオリティー。

尖り方はスシローやくら寿司に劣るかもしれませんが、無難、安定、堅実が最大の強みとも思えます。

おすすめ記事