THE ALLEY(ジ アレイ) のキッチンカーが登場

梅田のHEP FIVE周辺に期間限定でTHE ALLEY(ジ アレイ)のキッチンカーが登場しました。

名古屋では6時間待ちの伝説を作り、台湾行くほうが早いといわれたほどです。

さて、キッチンカーの概要を見てみます。

「THE ALLEY」は、2017年7月にサナギ新宿にて日本初上陸。

翌月8月、表参道での旗艦店オープンを皮切りに、都内を中心に次々と新店をオープン。

2018年12月に関西初出店となる神戸・三宮店、2019年4月に福岡・天神店、2019年5月に愛知・名古屋タカシマヤゲートタワーモール店をオープンするなど全国各地に展開を広げ、人気を博しています。

PRTIMESより

鹿のマークが特徴です。

梅田では2019年7月19日(金)~7月31日(水)の期間限定。

販売時間は11:00~21:00です。

筆者は個人でタピオカ情報を収集しているので、投稿が遅くて執筆時点ではもう終わりかけです。

読んでくださっている方、すみません…。

提供メニューは3種類。

ロイヤルNO.9 タピオカミルクティー Mサイズ 、540円

黒糖タピオカシリーズ Mサイズ 黒糖タピオカラテ、黒糖抹茶ラテ、650円

になります。

PRTIMESより、画像を引用します。

これぞ、タピオカドリンクという雰囲気が漂っています。

先日、梅田に行ってTAPICI(タピチ)の行列に入店を断念しました。

ですが、キッチンカーなら知れているだろうと甘く見ていました。

キッチンカー
信じられない行列が続く

何時間待てばいいのか…というほどの行列が続いていました。

タピオカゾーンと化すHEP FIVE

諦めて、今度はタピチに行こうと思うと…

人だらけ、見渡せばタピオカ
タピチにはやっぱり並んでいる
ファーストキッチンお前もか
やっぱり人気のCoCo都可(ココトカ)
行列店でなくてもタピオカを黒板に

タピオカをブログで紹介している筆者でさえ、絶句するほどのタピオカ尽くしです。

関西弁はうまくしゃべれませんが、「どないなってんねん」と思わず言ってしまいそうになります。

タピチ、ココトカ、ファーストキッチン、プロント、コスコクレープ…

見渡せばタピオカ…

タピオカ不足なのも納得です。

しかも、どこも並んでいます。

このHEP FIVEのタピオカゾーン化はいつまで続くのでしょうか…

今や、ランドマークの観覧車にタピオカドリンク片手に乗るのが定番なのかもしれません。

おすすめ記事