タピオカと一緒に

前にタピオカ台湾ミルクティーの記事を書きましたが、せっかくのかっぱ寿司なので、「ハワイアンフェア」を堪能することにしました。

メニューをおさらいすると、今販売しているのは、ハワイアンパンケーキ~ココナッツバナナクリーム~と、ガーリックシュリンプ2種類です。

食べてみましたが、タピオカ台湾ミルクティーの好印象とは異なり、微妙な感じでした。かっぱ寿司さん、すいません!

実食~パンケーキ

かっぱ寿司のパンケーキ、高級感はない?

まずはパンケーキです。注文してから結構時間がかかってでてきました。使い捨てのフォークとナイフが付属しています。そんなに映えるという見た目には思えず、どこか安っぽい感じというか…このパンケーキどこかで見たことある、あっそうだ、プリンどら焼きのどら焼きなんじゃ…という疑念さえ出てきます。

さて、食べてみると、どら焼きの皮の部分との違いがよくわかりません。バナナのソースも感動するおいしさはなく、どら焼きの皮にバナナソースとココナッツクリームをちょっと載せただけというか…

これで税抜き390円はちょっと高いかな…という印象です。

実食~ガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプ~ホット&スパイシー~

辛いのが好きなので、ホット&スパイシーの方を頼みました。こちらも、多分、エビを使っているので、お寿司と兼用だと思うのですが、見た目的にはちょっとさみしい感じです。

先ほどから酷評ばかりですが、食べると、熱々です。ビールが飲みたくなる味付けで、味には満足でした。

ただちょっとな…と思ったのは、小さめのエビが5個で税抜き390円は高いかなと。

感想

店舗からしたら、今回のパンケーキはどら焼きやエビのお寿司と食材を兼用できる(どら焼きは決め打ちししてしまいました)し、それほど手間がかからない、オペレーションが楽なメニューだと思います。

ハワイ気分が味わえる、専門店のメニューの雰囲気が楽しめる点も良いかもしれないですが、タピオカ台湾ミルクティーの風味の良さと比べると、ちょっと不満が残る商品でした。

とはいえ、ハワイに行こうと思ったらいくらかかることやら…ハワイを極める本を読んで行くことを夢見ています。

ハワイに行って、本場の商品を味わうことを考えたら、お手軽でいいです。回転寿司のレベルが上がってきて、要求水準が高くなってしまっているのでしょうか。今回は厳しい表現を並べてしまいましたが、かっぱ寿司さん好きなので、ぜひともおいしいサイドメニューを提供し続けてほしいです。

おすすめ記事