くら寿司が米ナスダック市場に株式上場

以前にくら寿司が米ナスダック市場に株式上場をしたと紹介しました。

くら寿司はCMなどで「くらずし」と発音していますが、アルファベットだとKura Sushiのようです。

以前はくらコーポレーションでしたが、2019年5月にくら寿司に社名変更しました。

外国人にも知名度の高いSushiを全面に出したのも、世界展開を見据えた戦略の一つなのでしょうか。

そんなくら寿司の現地子会社、Kura Sushi USAが8月1日に米ナスダック市場に上場しました。

会 社 名:Kura Sushi USA, Inc. (ティッカーシンボル:KRUS)
所 在 地:17932 Sky Park Circle, Suite H, Irvine, California 92614, USA
資 本 金:10,000米国ドル
代 表 者:CEO 姥 一(うば はじめ)
事 業 内 容:米国における回転すし店舗の運営

くら寿司プレスリリースより

銘柄を区別するためのティッカーシンボルはKRUS。かっこいい感じです。

姥一(うばはじめ)さんという方が代表です。難しい名前です。

ニュースでも話題に

ニュースでも色々と報じられていました。

回転ずし大手くら寿司の米国法人が1日、米ナスダック市場に上場した。同日は公開価格を40%上回る19.61ドルで取引を終了し、時価総額は1億2410万ドル(約133億円)となった。

上場で調達した4670万ドルを原資に米国での出店を加速する。

これまで日本の外食チェーンが米国で新規株式を上場したのは、「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスが米預託証券(ADR)で上場した例があるが、現地法人の株を上場したのはくら寿司が初めて。

日経新聞より引用、抜粋

公開価格より4割も上回る値付けがされたようです。

期待の高さが伺えます。

台湾での上場も準備しているようですが、今後の展開が注目されます。

くら寿司公式サイトより

KURAとNASDAQの文字が並んでいます。この勢いで、全米制覇を成し遂げるのでしょうか。

おすすめ記事