ミスドの新作は堂島ロールとのコラボ

ミスタードーナツは「ミスドミーツ」と題して、有名専門店とのコラボ企画に力を入れています。

テレビ番組でギャル曽根さんのパティシエ修行を指導した鎧塚俊彦さんともコラボしていました。

チーズタルトで有名なPABLO、抹茶で知られる祇園辻利との実績もあります。

力の入った企画です。

今回は、モンシェールの堂島ロールとコラボしました。

その名も「堂島ローナツコレクション」です。

堂島ロールとは

モンシェールの公式サイトより引用します。

誕生の歴史を見ます。

モンシェールが堂島で産声をあげたのは、2003年11月3日。開店記念セールでシェフの自信作だったミルフィーユと、当時主流だった渦巻き型のロールケーキを用意したところ、ロールケーキはたちまち完売。
せっかくお店まで足を運んでいただいたのにお買い上げいただけないお客様に申し訳なく思い、一人でも多くの方にお届けできる方法はないかと考えひらめいたのが、グルグル巻きの生地をクリームがこぼれない程度の長さにまで節約することでした。
そして試行錯誤の末、たっぷりのクリームを包み込んだひと巻きの「堂島ロール」が誕生したのです。
ロールケーキが“生地を食べる渦巻き型”から“クリームを食べるひと巻き型”へと姿を変えた、運命の瞬間でした。

日本で23店舗を構える今、キッチンは14カ所。キッチンと店舗を一日数回往復し、できたてを並べることを大切にしています。また、ソウル店と香港店にはクリームを毎週空輸。日本の美味しさを直送しています。

モンシェール公式サイトより

たっぷりのクリームを包み込むひと巻き型が特徴です。

しかも、ソウル店と香港店にはクリームを毎週空輸するほどのこだわりです。

商品の特徴は以下です。

モンシェール公式サイトより

北海道産の生乳を主に使用した、しぼりたてのミルクのような香り広がるクリームを、卵風味の生地でやさしく一巻きしました。シンプルがゆえ、夏と冬とで微妙に変わる生乳のコクの違いまで楽しめる、この上なく繊細な逸品。
1本  ¥1,296(税込)
ハーフ  ¥702(税込)

モンシェール公式サイトより

クリームには、主に北海道産の生乳を使っています。

これほどのブランド力がある商品の特徴を取り込み、手頃な価格で提供するのがミスドなのです。

どんな商品?

公式サイトで紹介され、プレスリリースも出ていました。

商品特徴を見てみましょう。

この度発売します『堂島ローナツコレクション』は、ミスタードーナツで夏に食べたい素材として“クリーム”をテーマに開発をしました。

夏に食べやすく軽いクリームを開発するため、クリームに定評のある堂島ロールで有名なMoncher(モンシェール)様との共同開発が実現。

北海道産牛乳を使用したミルククリームを開発し、堂島ロールに近くて軽い口どけのなめらかなミルククリームにしました。

ふわっとかるいドーナツ生地の上に、しっとりロールケーキ生地を乗せて、北海道産牛乳入りミルククリームをたっぷり絞った「堂島ローナツ」や、ふわっとかるいドーナツ生地に、チーズクリームと北海道産牛乳入りミルククリームの両方をサンドして華やかなデコレーションをした「オランジュ・ド・ダブルクリーム」など、バラエティ豊かな計5種をご用意いたしました。

さらに、堂島ローナツと堂島プリンスローナツはそのままで食べても、冷やして食べてもおいしく召し上がることができます。暑くなるこれからの時期に是非お試しください。

ミスタードーナツ公式サイトより

堂島ロール最大の特徴、クリームを重視した商品になっています。

オーソドックスな堂島ローナツだけでなく、クリームを活かした「オランジュ・ド・ダブルクリーム」など5種類があります。

常温が前提のドーナツ。一方で、堂島ロールは冷蔵商品です。

常温でもおいしく食べられるように、クリーム開発には特に力を入れたようです。

価格・特徴

ミスタードーナツ公式サイトより

いずれもクリームを全面に出した商品です。

しかも、価格は税込み162円~216円。

これだけ気合の入った商品がこの価格で食べられるのはうれしいです。

クリームがたくさん詰まるように「ひょっこりホール」まで付いています。

販売期間は

7 月 5 日(金)~9 月上旬(順次販売終了予定)

とあるので、はま寿司のタピオカドリンクのようにすぐなくなってしまう可能性も感じます。

さらに、モンシェール側からもプレスリリースが出ています。

こちらでもクリームの特徴が紹介されています。

キーポイントは、クリーム。 通常冷蔵保存でのみ保存可能な、堂島ロールのクリームの美味しさを、いかにして常温でも美味しく味わっていただけるか、実際に堂島ロールのクリームと食べ比べ、少しでも近づけるよう、試行錯誤をしながら作り上げて頂きました。

堂島ロールのクリームが持つ
・生乳感のある風味
・後味にさっぱり感のある甘味

を感じて頂けるクリームです。

また、Mon cher(モンシェール)をイメージ頂いた華やかなデザインも特徴です。

モンシェール・プレスリリースより

通常は冷蔵商品の堂島ロール。そのクリームの美味しさを、どう常温のドーナツで再現するのか。

ここがポイントのようです。そして、堂島ロールのクリームとの食べ比べも続けたようです。

特に、生乳感とさっぱりとした甘味が特徴だとしています。

いきなり販売制限

発売直後に買いに行きましたが、午後だったので売り切れていました。

店員さんに聞くと

「午前中にはなくなっちゃって…1時間位でなくなりました…」

という厳しい返事。

ツイッターでも、売り切れ報告が相次いでいました。

再チャレンジで、朝から店舗に行きました。

店頭の張り紙

何と、5種類で100個しかありません。

1種類、20個だけです。

さらに…

15:00からと右側に書いてある

販売開始時間は15時でした。

少し早めの14時半頃に行き、ドーナツを食べながら店内で待機していました。

しかし、店内には待っている人が何人もいます。

15時過ぎには定番の堂島ローナツがなくなってしまっていました。

販売開始が15時だから15時半ぐらいならあるかな…と甘い気持ちで行くと、多分なくなっています。

購入希望の方には、お近くの店舗で販売時間や販売数量を電話で確認し、その時間の少し前に店舗に行って待機しておくことを強くおすすめします。

実食

何とか全種類買えました。

全5種類

まずは定番の堂島ローナツ。

クリームが重厚です。といっても、甘すぎるほどではなく、優しい味です。

上がロールケーキ風、下がドーナツになっています。

ぺろっといける味ですが、クリームの重厚感が印象に残りました。

堂島プリンスローナツです。チョコ風味で、堂島ローナツより甘さは控えめに感じました。

こっちも下側がドーナツ生地で、堂島ローナツとの違いはプレーンかチョコかという点になります。

こちらもクリームの重厚感が特徴で、どちらもおやつにちょうどよいです。

堂島ロールだと一人で全部食べるのは大変ですが、堂島ローナツなら手軽に1個、2個と食べられます。

堂島ミルククリーム。

これは結構おすすめです。

税込み162円とシリーズで一番安いですが、クリームが詰まっていて、手軽に堂島ローナツの魅力が楽しめる商品だと言えます。

先ほども紹介しましたが、クリームは重厚感がありながら、後味はさっぱりしています。

甘いとは感じませんでした。

こちらはほんのりオレンジ風味がします。

クリームがさっぱりしているので見た目ほどは重たくありません。

これはストロベリー・ド・ダブルクリーム。

その名の通り、ストロベリー風味です。グレーズというのか、細かいフレークのようなものの食感がよく、こちらも上品な味わいです。

全般的に、高級感のある味わいに仕上がっていますが、特徴的なクリームを楽しむなら…

①堂島ローナツ

②堂島ミルククリーム

がおすすめです。

特に堂島ローナツは半分ロールケーキ、半分ドーナツの食感も楽しいですし、一度食べてみてください。

ミスドミーツシリーズは本当にレベルが高くて、楽しみな商品を出してくれています。

もっといっぱい作って、定番化してくれたらいいのに…と思います。

おすすめ記事