圧倒的なコスパ、しゃぶ葉

しゃぶ葉というしゃぶしゃぶ食べ放題の業態があります。

展開するのはすかいらーくグループで、近年、力を入れて拡大を進めています。

はっきり言って、ここのコスパと満足度はあり得ないほど高いです。

いちばん安いランチなら、税抜1199円で豚のしゃぶしゃぶをお腹いっぱい食べられます。

しかも、すかいらーく公式アプリなどで、8%オフクーポンなどを積極的に配信しています。

これに加えてチケットショップで株主優待券を買えば、もっと安く食べられるのです。

1人1500円も出せば、しゃぶしゃぶをお腹いっぱい食べられるのです。

さらに、60分に時間を短縮すれば、特別に割引をしているお店もあります。

しゃぶ葉公式サイトより
公式アプリなどでこうしたクーポンが入手できる

おいしいお店はたくさんあります。

しかし、このしゃぶ葉はすかいらーくグループのスケールメリットを生かし、安くても満足度の高い業態を実現していると感じられる優れたポイントがいくつもあります。

味もなかなかおいしいです。

そうしたしゃぶ葉の優れたポイントを見ていきます。

しゃぶ葉は何がすごいのか

このしゃぶ葉は、店側にも客側にもメリットが大きい業態になっています。

客が調理、満足度が高いのに料理人不要

まず、しゃぶしゃぶという業態は客側で調理を行います。

料理人を雇う必要はありません。

ホールスタッフもオーダーを覚える手間が少ないです。

オーダーミスもほとんど考えられません。

しかも、客が好みの茹で加減に仕上げ、味付けも好みにします。

そして、食べるものは常にアツアツ。

店は材料を提供するだけでよく、人件費を削れます。

食材費が安く済みそう

しゃぶしゃぶは出汁で調理しますから、水分を多く取ります。

肉は薄いので、お客さんは食べたつもりでも、実際はだしでお腹が膨れます。

さらに、食べ放題と言っても、火を通す時間がかかるので、大食いの人でも上限が見えます。

すかいらーくのように大手チェーンで大量仕入れをして、その時期に応じて安くておいしい旬の食材を入れれば、食材費は抑えられます。

食中毒のリスクを減らせる

一般的に肉を扱う業態では、食中毒のリスクが付きまといます。

しかし、しゃぶしゃぶは茹でる作業が加わるので、食中毒の危険性を減らせます。

仮に菌が付着していても、客が調理するわけですから、店が責任を取らなくてよくなります。

カスタマイズの楽しさ

丸亀製麺を支援している元USJ執行役員の森岡毅さんはカスタマイズの強みを訴えています。

人気が衰える気配のないスターバックスも、カスタマイズが強みの要因だと思います。

しゃぶ葉には肉、野菜、だし、カレー、調味料、ソフトクリーム、ワッフルなど、調理素材がたくさん用意されています。

これらを組み合わせることで、自分だけの裏メニューを作り上げることもできます。

実際の味は?

実際にしゃぶ葉に行ってみました。

しゃぶ葉のメニュー紹介

ランチなら、1000円台が大半です。

肉質はそんなに悪くない

リーズナブルなコースでも、肉は結構おいしいです。

新鮮な印象を受ける野菜

野菜は色々あり、新鮮な感じです。

タレが豊富

だしだけでなく、タレもたくさんあるので、好きな味付けにできます。

薬味も豊富

薬味もたくさんあります。

薄切りの野菜、結構食べられる

薄切り野菜はすぐ煮えて、結構たくさん食べられます。

だしも豊富

だしは定番の白だしやすき焼き風、ゆず風味、麻辣風味など、様々です。

しゃぶしゃぶの肉をカレーに入れるとおいしい

カレーもあります。このカレーにしゃぶしゃぶの肉を入れて食べるとすごくおいしいです。

このほかにも、ソフトクリームコーナーにはあずきや白玉、きなこ、各種シロップ、コーンフレークなどがあり、自由にアレンジできます。

自分で焼いてつくるワッフルもあります。

リーズナブルで、おいしくて、自分好みにカスタマイズできる楽しさもあって、店は人件費がかからない…

大手チェーンのすかいらーくだからこそ、ここまでのコスパの実現ができるのでしょう。

満足度は非常に高いです。

家族の団らんではなく、ただただお腹いっぱい食べたい人たちには、ランチを強くおすすめします。

しゃぶ葉の店舗数は?

こうしたメリットづくめのしゃぶ葉ですが、実際に店舗数はどうなっているのでしょうか。

すかいらーくの2019年6月度のIRレポートを見てみます。

1月の208店舗から、6月は252店舗まで増えています。

ここまで増えている業態は他にありません。

そのことからも、しゃぶ葉が時流に応じた業態で、すかいらーくが力を入れていることが伺えます。

ここで培ったノウハウが、コスパ抜群、バーミヤンの火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題にも生かされているのでしょう。

しゃぶ葉は、どんどん拡大していきそうです。

おすすめ記事