飲む「パブロ」こと「タピチ」

タピオカチーズティー専門店「TAPICI(タピチ)」が、大阪・梅田のHEP FIVEにオープンしました。

もともと、チーズタルトで有名な「PABLO(パブロ)」があった場所です。

パブロは様々な場所に出店し、知名度が高いチェーンです。

タピチはパブロと同じ運営会社「ドロキア・オラシイタ」がやっています。

変わった社名だと思いましたが、「アタラシイ・オドロキ」を並べ替えたようです。

高級食パン専門店の嵜本(さきもと)もやっていて、勢いのある会社です。

そのユニークなブランドづくりは、書籍にもなっています。

そして、タピオカドリンク専門店の激戦区といえる梅田に進出してきたのです。

タピチとは

公式サイトを見てみます。

タピチ公式サイトより

チーズミルクフォームが特徴。

オーストラリア産のクリームチーズにミルク、塩を合わせています

まさに、チーズタルトのパブロの会社だからこその品質。

技術や調達網を活用しているのでしょう。

これだけチーズを売りにしているのですから、飲むパブロとも言えます。

タピオカはシロップに漬け、硬くなりにくいしっとりもちもちの生タピオカに仕上げているそうです。

タピオカは硬いままのものを出す店もそれなりにあるので、期待できそうです。

梅田が2店目

公式サイトを見ると、梅田が難波に続いて2店目のようです。

そして、難波は5月にオープンしたばかり。

関西にしか店舗がなく、まだまだレア感のある業態です。

タピチ公式サイトより

タピオカサンデーも

タピチの公式インスタを見ると、タピオカサンデーも販売するようです。

7/20(土)より、タピオカ×ソフトクリーム×チーズミルクフォームのひんやり冷たい新しい出会い🍦

タピチタピオカサンデー を販売開始いたします💓

濃厚ソフトクリームにプリプリのタピオカとティーゼリーを加え、こくのあるチーズミルクフォームをたっぷりとかけました。

甘さと塩味、それぞれの食感を一度に楽しめる夏にぴったりのひんやりスイーツです😆🍦

タピチ公式インスタグラムより

ここでも、チーズミルクフォームがかかっているようです。

アイスとタピオカはとても合いそうで、夏場に良さそうです。

お店の様子は?

近くまで行ったので飲もうかと思いましたが、断念しました。

尋常ではない行列です。

尋常ではない行列

この後ろにも、まだまだ列ができていました。

空いてそうな時間帯に行ってレビューしようと思います。

タピチが登場し、このあたりはタピオカ通りと言うべき状況になりました。

向かい側にはウェンディーズ・ファーストキッチンが「ジュエルタピオカ」の目立つポップ。

少し行けば、台湾発のCoCo都可(ココトカ)があります。

ココトカの行列もすごいです。

さらに、ココトカの横のコスコクレープもタピオカドリンクを出しています。

それぞれ特徴がありますが、タピチの価格帯はMサイズで税込み650円が基本。高めです。

とはいえ、飲むパブロと考えると期待が膨らみます。

おいしいという感想もありました。

店内、インスタ映えしそうですね。

新しい活気を生み出す店舗になりそうです。

逆にココトカファンは狙い目かもしれません。

しばらくはタピチとココトカが火花を散らす状況が続くのでしょうか。

ヘップファイブの周辺は、まさにタピオカゾーンになっています。

おすすめ記事