模擬店でタピオカドリンクやりたい~秋に間に合わせるなら夏から準備?作り方と必要なものを調べた
旅行・出張におすすめ(写真付)
おすすめ商品(写真付)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
東京ディズニーリゾート
おすすめ商品
旅行・出張におすすめ
Yahoo!ショッピング限定企画
楽天限定企画

タピオカドリンクの模擬店やってみたい

夏のイベントや秋の学園祭、バザーでの模擬店に向けて、タピオカドリンクをやってみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

省スペースででき、ドリンクさえ用意できれば、簡単にできそうです。

アレンジが自由で、人気も高いです。

いるものは何かな、と思って材料を調べてみました。

参考にしたのはタピオカエキスプレスのサイトです。

ちなみに以下のサイトでは学園祭向けのセットも販売しています。

ですが、自分で材料を用意して、練習してから発注した方が失敗することがないでしょう。

また、7月時点で入荷が9月となっているタピオカ商品も結構ありました。

タピオカは全体的に品薄のようです。

代用品のタピオカ風こんにゃくを使う手もあります。

秋のイベントでの提供を考えているなら、早めに発注し、練習しておいたほうがいいと思います。

大まかな手順

タピオカを鍋で茹でる。

水にさらし、砂糖水が入った容器で保存する(4、5時間しかもたない)。

用意したドリンクに入れる。

これだけです。必要なものは以下になります。

①タピオカ

これ抜きでは始まりません。

たくさん作るなら業務用。500グラムだと1500円も出せば買えそうです。

まずは気に入ったタピオカを買ってみましょう。

タピオカも紅茶で似たり、シロップで味を付けたりと奥が深いです。

コストにこだわるなら常温。

手軽さを重視するなら、冷凍のようです。

冷凍クイックタピオカは、湯煎で3~5分で出来るため品切れしにくく、急に注文が集中しても対応がしやすいです。

反面、冷凍商品のためストックに冷凍庫が必要となります。

またコストパフォーマンスも生タイプに比べて劣ります。

真空パック生タピオカは、価格が安く開封前は常温でストックできますが、茹でと蒸らしに時間がかかり(約40~50分)、計画的に作っていく必要があります。

タピオカエキスプレス公式サイトより

タピオカ不足なら、なんちゃってタピオカドリンクとしてタピオカ風こんにゃくを使う手もあります。

ヘルシーだし、こっちのほうが人気が出るかもしれません。

②シロップなどドリンクの素

ドリンクを用意するのは大変そうですが、便利そうな商品を見つけました。

これは楽天のサイトに載っていたものですが、レンジでチンして牛乳を混ぜるだけのようです。

ミルクティーをつくるのは大変なので、税込み842円ならお手軽です。

楽天のサイトより

この商品に限らず、タピオカを保管する砂糖水を好きなシロップにしておけば、味も付いて一石二鳥かもしれません。

定番の黒糖風味にするなら、黒糖シロップにタピオカを漬けておくとおいしそうです。

③のぼり

お店をやるなら雰囲気を出したいところです。

1500円くらいで買えるようです。

色々な種類があり、手軽にタピオカドリンク店とアピールできます。

のぼりをかけるポールもいりますね。

専用のポールが販売されています。

固定用のスタンドもあるので、これだけ揃えればかんたんにタピオカショップ感を出せます。

④カップ

どんなのがいいのでしょう。シールをするタイプの本格的なカップは難しそう…

ドーム型のふたがあると雰囲気がでそうですが…

⑤タピオカストロー

これがないとタピオカドリンク感が出ません。こんな感じのやつですね。

最近ではダイソーやセリアでも復活傾向なので、まずは100均で買ってきて試すのがよさそうです。

これだけそろえたら…

あとはタピオカを茹で、合わせるドリンクを考え、提供するためのテントを用意して…という感じでしょうか。テントも1万円以下で良さそうなものがあります。

タピオカを煮る場合、コンロも使います。

電源が取れるなら、IHヒーターの方が安全です。

レジャーテーブルも必要でしょうか。

クーラーボックスも便利そうです。

どうやって提供する?

タピオカは別の場所で仕込み、現場では入れるだけにすれば、簡単にできそうです。

濃厚なミルク系、さっぱりしたジュース系、タピオカは何にでも合わせられそうなので、シロップ漬けしたあとの風味を考えながら、オリジナルドリンクを考えるのは楽しそうです。

提供する場所の環境によっても変わりそうですが、模擬店をやろうと考えるだけでも想像が膨らみます。

おすすめ記事