魚べいでタピオカドリンク2種類確認

元気寿司が展開する回転寿司店の魚べい。全部タブレットで注文して、回転するレーンはありません。

そんな魚べいですが、従来の回転するレーンがある「元気寿司」を魚べいに模様替えしていっています。

最近リニューアルされた魚べい渋谷道玄坂店は実験的な位置づけなのか、なんと、タピオカドリンク2種類が提供されています。

魚べいの人に聞いたら「このお店だけでやっています、7月に改装されたので、改装されてからですね」という話でした。

そんなレア感のある魚べいのタピオカドリンクは

①タピオカチョコミルク

②タピオカライチミルク

の2種類です。価格は税抜き300円でした。

魚べいの渋谷道玄坂店
2種類のタピオカドリンク
2杯とも頼む

味はどうか

まず、タピオカチョコミルクです。

タピオカチョコミルク

まずドリンクはココア風味。そして、タピオカはもちもちしています。

味はチョコ餅のような感じでした。

甘めです。このチョコ餅風タピオカは駄菓子のような感じで、好きな人は好きだと思います。

タピオカライチミルク

ライチミルクは酸味のあるライチ風味のミルクドリンクです。

他ではマンゴータピオカドリンクが目立ちますが、ライチはあまりないです。

こちらも甘めで、タピオカにはベースのドリンクと同じ味が付いています。

もちもちしていて、タピオカの処理は良いです。

こちらも甘めです。

独特な感じのタピオカドリンクでした。

魚べいのシステムは楽しい

魚べいは全部タブレットで注文します。

お寿司のメニューは100円皿が多く、おいしいです。

注文品だから出来たてでしょうか。

焼きとうもろこし握り

焼きとうもろこしが載っています。

よくあるサラダ巻きではありません。

見た目通りの味ですが、シャリがおいしかったです。

まいたけの天ぷら握り

まいたけの天ぷら握りです。

雪国まいたけを使っています。

ちなみに、これには親会社の神明ホールディングスとの関係があると思います。

元気寿司の親会社の神明ホールディングスは雪国まいたけの株式の49%を保有しています。

あかふじ米で知られる米卸の大手企業です。

投資ファンドのベインキャピタルから株式を取得しました。

神明は農作物の生産に関わる企業に出資して、その出口、提供先として元気寿司を活用しています。

雪国まいたけを使った天ぷらを見るだけで、ベインキャピタルを思い出す人もいるのではないでしょうか。

アメリカの投資会社が回転寿司業界に絡んでいると思うと、お寿司の広がりを感じます。

くら寿司も、子会社のくら寿司USAを米ナスダック市場に上場しました。

回転寿司は世界に広がりつつあります。

タピオカドリンクから脱線しましたが、魚べいのタピオカドリンク、ヒットして全国に広がるでしょうか。

評価は

味   ★★★

見た目 ★★★

コスパ ★★★★

おすすめ記事