「ユニバーサル・クールジャパン」6月の限定感

マンガやアニメがテーマのUSJ(ユニバ)のユニバーサル・クールジャパンですが、今回はスプリング、サマーの2ターム制で開催しています。

❏スプリング・ターム 1月18日(金)~6月23日(日)

  • 名探偵コナン
  • ルパン三世

❏サマー・ターム    5月31日(金)~8月25日(日)

  • 進撃の巨人
  • ゴジラ
  • エヴァンゲリオン
  • 美少女戦士セーラームーン
ユニバーサル・クールジャパン 2019|USJ
 
ユニバーサル・クールジャパン 2019|USJ
https://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2019/
【世界が羨む、日本を楽しめ!】5周年を迎える今回は、名探偵コナン / ルパン三世 / 進撃の巨人 / ゴジラ / エヴァンゲリオン / 美少女戦士セーラームーン の6大作品が大集結。2019年1月18日~

これを見る限り、 6月1日~23日のみ、スプリング、サマーの両方のイベントを楽しむことができます。

なぜ、6月だけ人気イベントをすべて楽しめるような構成にしたのでしょうか。

月別のUSJの混雑具合

USJに行く前にはガイドブックを買っていく方がよいです。月や時間帯によっては、まだ空いているときがかなりあります。初めていく場合は、研究してから行ったほうがよいでしょう。

USJの混雑具合については、ミカリンさんの「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行く前に知っているとお得な70の知識」を参考にしました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行く前に知っているとお得な70の知識
上記書籍を参考に筆者作成

6月はあまり来場者が訪れない時期だと言えます。

一方で、マンガ、アニメファンは好きな作品のためならとことんまでお金を使う傾向が強く、休みをなんとしてでも確保することでしょう。グッズの購入量も一般のパークファンと比べて多いとみられます。

また、6月は新生活が落ち着き、アルバイト代が入ったり、新しい友人との関係がそれなりに深まっていたりする時期です。

サマー・タームは、この閑散期の6月と歩調を合わせて集まりました。

しかも、「美少女戦士セーラームーン」「進撃の巨人」「エヴァ」「ゴジラ」といずれの作品でもグッズ販売を強化しています。

小金持ちの20~30歳代のファンが多いと思われ、それなりに買ってくれる層が多いと思われます。

  • 6月はなにがしかで集客を強化しないといけない
  • 梅雨の時期なので、屋内型アトラクションに人が集まりやすい
  • ちょっとお金に余裕ができ、新しい友だちを誘って出かける人をターゲットに
  • マンガ、アニメのためなら出費を惜しまず、スタートダッシュでいち早く体験、グッズ購入したい人が多い
  • マンガ、アニメファンはクールジャパンで扱う作品ならどれにも興味がある人の割合が高いはず

要は、年間通じて空いている時期にいかに収益を高めるか。

クールジャパンを重ねることで、限定感を演出しているのではないかと思います。

おすすめ記事