旅行・出張におすすめ(写真付)
おすすめ商品(写真付)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
東京ディズニーリゾート
おすすめ商品
旅行・出張におすすめ
Yahoo!ショッピング限定企画
楽天限定企画

よくわからないUSJ(ユニバ)の歴史

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの歴史は、よくわからない部分が多いです。

理由を考えてみると、大阪市が参画した第3セクター方式で出発し、経営危機に直面します。

そして、社長は大阪市出身者から、ユニバーサル出身のグレン・ガンペル氏になります。

その後はゴールドマン・サックス、現在はコムキャストの傘下。

体制が目まぐるしく変わっています。

親方であるユニバーサル自体の運営主体が色々と変更になっているのも、複雑さに拍車をかけます。

上場していれば有価証券報告書に代表されるIR資料を見て、企業分析ができます。一方で、USJは非上場であり、コムキャスト体制になってからは入場者数さえ正確には不明です。

コムキャストは、あまり情報を出さない企業のようにも思えます。

そんなUSJの歴史を年表に整理しながら、歴史を調べていきます。

公式サイトにも沿革は掲載

USJも公式サイトに沿革を掲載しています。

ですが、過去の不祥事や沖縄でのパーク構想とその断念、森岡毅氏の入社、退社など、コムキャストとして取り上げる必要がないと判断したであろう事柄には当然ながら触れていません。

まとまった資料がなかなか見つからず、自分で調べて年表を作成することにしました。

年表で歴史を振り返る

公式サイトでは経営上、重要と思われるトピックスを網羅できていないと感じたため、筆者がニュースや書籍を踏まえて、

年表を作成しました。素人なので、事実関係に誤りがあるかもしれないですが、複雑な歴史を整理する手助けになれば幸いです。

参考にした書籍

森岡毅さんの「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? 」(角川文庫)、ディズニーやUSJの研究をされている中島恵さんの「なぜ日本だけディズニーランドとUSJが「大」成功したのか?」「ユニバーサル・スタジオの国際展開戦略」(三恵社)を参考にしました。

この本によると、上場企業であるオリエンタルランドと比べ、非上場で運営主体が目まぐるしく変わったUSJの歴史は、研究している人でもわかりづらいようです。

以下の本の中でも、まとまった資料がないという記述があります。

USJの歴史を知る上で、大変参考になりました。

以下が、筆者作成の年表です。

筆者作成、経営上、重要と思われるトピックスは黄色に

改めて、色々なできごとがあったと思わされました。年表を作成するだけでも一苦労でした。

詳しい振り返りは機会を改めて行う予定です。

おすすめ記事