うめきた2期のまちびらき

夢洲のテーマパーク構想を考えるには、IR、万博と同時に梅田最後の一等地と言われるうめきた2期の開発について考察する必要があります。

どのような構想なのでしょうか。

UR都市機構が2018年7月12日、開発事業者の決定をプレスリリースしています。

青写真は

土地利用計画図を見てみましょう。

UR都市機構のプレスリリースより

エリアは3つです。

  • 北側(1.6ha)… 新産業創出と産学官民の交流ゾーン (住宅、オフィス)
  • 中心部(4.5ha)…都市公園、南北に公園(うめきたの森、リフレクション広場)
  • 南側 (3.0ha) …高度複合都市機能の集積ゾーン(住宅、オフィス、ホテル)

開発後のイメージパースも公表されています。

UR都市機構のプレスリリースより

大阪の心臓部が緑化され、壮大なエリアになりそうです。

着工は2020年で、2024年の開業を目指しています。

2024年といえば、IR開業の目標年度です。

2025年には万博が開かれますから、夢洲の開発にも大きな影響を与えそうです。

選定された開発事業者側もプレスリリースを公表しています。

【開発事業者(計 9 社)】
三菱地所株式会社(代表企業)、大阪ガス都市開発株式会社、オリックス不動産株式会社、関
電不動産開発株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、阪急電鉄株式会社、三
菱地所レジデンス株式会社、うめきた開発特定目的会社
【設計・運営事業者(計 6 社)】
株式会社三菱地所設計、株式会社日建設計、有限会社 SANAA 事務所、Gustafson Guthrie
Nichol Ltd※、株式会社日比谷アメニス、阪急阪神不動産株式会社
※米国ランドスケープアーキテクト

プレスリリースより

関西を代表する大手企業がこぞって参画しています。

また、2019年にはヨドバシ梅田タワーの完成も予定されています。

ヨドバシカメラマルチメディア梅田の北側で行われている再開発プロジェクトで、ヨドバシカメラの駐車場があった場所に、地上34階建ての高層ビルが建設されます。

こちらは機会を改めて考察します。

うめきた開発の歴史

梅田駅は貨物駅として誕生し、大阪駅から貨物輸送の機能を分離する目的で、1928年に開業しました。

梅田貨物線という貨物専用線が通り、一帯は「大阪北ヤード」と呼ばれています。

しかし、1987年に国鉄が分割・民営化され、貨物駅は梅田から吹田に移転することが決まりました。

その跡地がうめきた開発の計画地です。

1期はグランフロント

地権者のUR都市機構は2期に分けて大掛かりな再開発プロジェクトを構想し、1期として2010年にグランフロントの工事を開始、2013年夏に「うめきた1期」としてオープンしました。

当初はリーマンショックのあおりでテナント誘致が進まなかったグランフロントですが、インバウンド需要の盛り上がりなどで今は満室状態が続いています。

うめきた2期の可能性は

うめきた2期の開発は各メディアが取り上げています。

この計画について触れた産経新聞の記事を見てみましょう。この記事では、開発地としての交通アクセスの良さについて触れています。

これまで紹介してきた計画の歴史についても触れられていますので、合わせて引用します。

「大阪最後の一等地」と呼ばれるうめきたは、JR大阪駅に直結し、阪急電車・阪神電車の梅田駅にも接続。地下鉄も梅田エリアに複数の路線が乗り入れている。

さらに2031年開業予定の鉄道新線「なにわ筋線」の新駅が2期開発の地下に建設される。交通の利便性は抜きん出て高い。

産経新聞より
産経新聞より
産経新聞より

梅田から関空が40分に

うめきた2期開発は大阪を国際都市として浮上させるエンジンになりそうです。

その一つが、2023年に開業予定の「北梅田駅」設置があります。

現在、JRの特急「はるか」、南海の「ラピート」のいずれも大阪駅や梅田駅には停車せず、梅田エリアと関空、和歌山方面の接続には若干の不便がありました。

「はるか」が停車する新大阪駅への所要時間は約50分ですが、新大阪駅よりも手前の大阪駅には関空快速を使って向かうしかなく、約65分かかっています。

北梅田駅が開業すれば「はるか」で梅田エリアまで直接向かえます

最速で40分とのことで、今より20分以上も短縮できます。

なにわ筋線が後押し

南海特急「ラピート」も難波が終点で梅田エリアまでは行きません。

ですが、2031年にはJR西日本と南海が共同開発するなにわ筋線が開通し、梅田エリアへ直通となります。梅田エリアから関空は約38分。

一気に関空が近くなり、インバウンド需要も大きく取り込めることでしょう。

これについては、朝日新聞が紹介していました。

地図と合わせて紹介します。

4つの新駅が計画されています。さらには阪急電鉄が十三から北梅田駅を結ぶ新線を検討しています。

朝日新聞より

うめきた2期の開発は単に中心市街地を活性化するだけではありません。

関空、梅田エリアの接続がよくなり、梅田エリアを核に大阪全体の回遊性が増します。

梅田、関空、夢洲…こうしたエリアのアクセスが大幅に改善し、見どころとなるスポットが多数登場していく大阪の将来像に思いを馳せると、夢が膨らみます。

テーマパーク事業者はこうした周辺の開発構想と投資への費用対効果を検討し、名乗りを上げる最適なタイミングを見計らっているのかもしれません。

夢洲のテーマパーク構想については、シリーズ記事として多角的に考察しています。

おすすめ記事