旅行・出張におすすめ(写真付)
おすすめ商品(写真付)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
東京ディズニーリゾート
おすすめ商品
旅行・出張におすすめ
Yahoo!ショッピング限定企画
楽天限定企画

任天堂エリア「SUPER NINTENDO WORLD」構想

夢洲にテーマパーク構想と題し、角度を変えて可能性を考えています。

USJの第2パークがまず浮かびますが、しばらくは手を挙げるはずがないと考えています。

その背景に、過去最大規模600億円超の任天堂エリアへの投資を回収できるかという課題があります。

これがこければ、第2パークどころではありません。

そこで、今回は現在のパークで持ち上がっている任天堂エリアを取り上げます。

公式サイトには動画が紹介されています。

土管を抜けてエリア内に入り、クッパ城やゲームでおなじみの小高い丘をジャンプするマリオが描かれています。

スーパーマリオの世界を見事に再現しています。

USJの公表内容

どのように説明しているのでしょうか。

公式サイトから現時点での発表内容を整理します。

複数のアトラクションやショップ、レストランなどを有する二層構造の巨大複合エリアとなり、あの「マリオカート」も、数々のエンターテイメントを世に送り出してきたユニバーサル・スタジオのクリエイティビティと、世界最新鋭の技術を駆使して、テーマパークの常識を覆すアトラクションとして登場します。

まさに体ごと任天堂ゲームの世界へ入り込み、熱中できるパーク体験をお届けします。

USJ公式サイトより

2017年6月8日には建設の着工式が行われました。

プレスリリースが配信されています。

この『SUPER NINTENDO WORLD』は、「Nintendo」という日本が誇るすばらしいエンターテイメント・ブランドの魅力を、 日本国内のみならず、世界へ発信していく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの集客拡大の起爆剤となるエリアとなります。

600 億円超の巨大プロジェクトとして、2020 年の東京五輪前のオープンを目指して始動いたしました。

「マリオカート」もライド・アトラクションとして登場いたします。

世界最新鋭の技術を駆使して、ほかに類を見ない世界初のアトラクションとして、ゲストの皆様に世界最高の体験をお届けいたします。

プレスリリースより抜粋

マリオカートが世界最新鋭の技術で再現されます。

ゲーム自体も進化していますが、どんな風に再現されるのでしょうか。

東京五輪前にオープンさせ、訪日客を取り込む狙いがありそうです。

マリオカートはどうなる?

明らかになっている目玉のアトラクションが、マリオカートです。

USJのライドアトラクションで、最新技術といえば「XRライド」でしょう。

XRライドはバーチャルリアリティー(VR)を駆使した乗り物です。

ゴーグルをかければ、狭い空間でも臨場感のある体験ができます。

エヴァンゲリオンやルパン三世も、XRライドで世界観を再現しています。

パークを代表するアトラクションの「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」も映像技術を駆使し、ホグワーツ城内をぐるぐる回るライドアトラクションです。

仮に屋外で乗り物を疾走させるには広大な敷地が必要ですし、安全にも気をつけなくてはなりません。

マリオカートはXRライドや「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」を発展させた内容だと予想できます。

海外への「任天堂エリア」横展開も

他のパークへの任天堂エリアの横展開も注目されます。

『Nintendo』をテーマとしたエリアは、 ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも誕生いたします。

プレスリリースより

アメリカのオーランド、ハリウッドにも任天堂エリアが登場します。

シンガポールのパークにも任天堂エリアが登場すると報道されていました。

朝日新聞の記事を引用しましたが、詳しくは後半で言及します。

任天堂エリアで集客はどうなる?

2017年6月8日、発表直後の産経新聞の記事を見てみます。

年間数百万人の入場者増を見込む。

世界中で人気が高いマリオの投入によって、集客を競う東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を追い上げる構えだ。

産経新聞より

開業で、年間数百万人が上積みされます。

直近で1400万人超ですから、いずれ2000万人に達するかもしれません。

新エリアは、人気ゲーム「マリオカート」をテーマにした乗り物型のアトラクションや、物販店、飲食店を設置。一部を2階建てにして空間を有効活用する。

産経新聞より

一部を2階建てにする狙いは用地の有効活用だと書かれています。

拡張が難しい以上、高い建物を立てるのは当然でしょう。

事業費はどれくらい?

USJ過去最大規模の600億円超をかけると言われています。

これはどれくらいの事業費なのでしょうか。

USJの運営会社は近年、大型投資を続けている。

26年に開業した人気映画「ハリー・ポッター」の新エリアには約400億円を投資。

昨年完成した新型コースターと、今年4月オープンの人気キャラクター「ミニオン」のエリアにはそれぞれ100億円を投じた。建設が始まった新エリアは過去最大規模の投資額となる。

産経新聞より

ハリポタエリアで400億円です。5周年に合わせたイベントも展開しています。

宙吊りコースターのザ・フライング・ダイナソーも人気ですが、これで100億円。

ミニオン・パークに100億円です。

任天堂エリアは

ハリポタエリア+フライングダイナソー+ミニオン・パーク

という規模感の投資をするわけです。

それ以外でも、ハリポタエリア以降、ナイトパレード、SING ON TOUR、おさるのジョージといったアトラクションも登場しました。

クールジャパンのイベントも展開しています。

このように、テーマパーク運営には、莫大なお金がかかることがわかります。

毎年、それなりに目玉になるアトラクションを投資しないと成長できないと捉えているのでしょう。

用地は足りる?

先ほども言及しましたが、用地不足にはどう対応するのでしょうか。

一方で用地確保が課題となっているが、運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「長期的なビジョンで投資を続ける。敷地もまだ余裕がある」と強調する。

今回手掛ける新エリアは北西側の駐車場の敷地を充て、今後は資材置き場や事務所用地の活用も検討する。

産経新聞より

先ほども触れましたが、巨額の投資の回収と同時に用地の確保が課題になります。

狭いエリア内でマリオカートが走り回るとは思えないです。

そのためにも一部を2階建てにするのでしょう。

建設予定地を地図で見てみます。

グーグル・マップから筆者作成

立体駐車場もある程度壊すのでしょうか。

そうなると、駐車場の確保も課題になってきそうですね。

どこをどう通ってエリアに入るのかも気になるところです。

マリオカート以外には何が入る?

マリオカート以外のアトラクションは明らかにされていません。

どんなアトラクションが入るのでしょうか。

ヒントになるのは、先ほど紹介したオーランドの任天堂エリアです。

オーランド任天堂エリアのコンセプトアート(建設案)リーク、という記事がありました。

ゲームメモでもこのリークを取り上げています。

ゲームメモより

コンセプトアートからは

「スーパーマリオワールドライド」(スーパーマリオの乗り物)

②「プリンセスピーチズキャッスル」(ビーチ姫の城)

③「ドンキーコングアイランド」(ドンキーコングのエリア、ジェットコースターもある?)

④「カービィズキッズプレイランド」(子ども向けの星のカービィのエリア)

⑤「ゼルダズキングダム」(ゼルダの伝説のエリア)

があるように見えます。

任天堂には人気の高いキャラクターコンテンツが揃っています。

このコンセプトアートが正しいなら、USJでも同様のアトラクションが検討されているのでしょう。

USJは世界中のユニバーサルのパークを掌握するコムキャストの傘下になりました。

その後は、トランスフォーマーやミニオンが登場するナイトパレード、おさるのジョージ、シングのアトラクションなど、海外に横展開できるものを投入する傾向が強まったと感じています。

当然ながら任天堂エリアをどうするかは、海外と足並みを揃えて考えるでしょう。

さらなるコンセプトアートのリーク

海外のサイトで、さらなるコンセプトアートのリークがありました。

https://orlandoparkstop.comより

この記事は英語だったので正確に理解できているかわからないですが、三つの施設が確認できます。

①MARIOKART=マリオカート(右上のクッパ城のような場所)

②Yoshi’s Adventure=ヨッシーズアドベンチャー(右側の土管のような入り口)

③Toadstool Cafe=キノピオのカフェ(中央)

マリオカートは当然ながら、ヨッシーのアトラクション、キノピオのカフェができるイメージでしょうか。

また、ドンキーコングのコースターも構想としてあり得るようです。

このドンキーコングのコースターはMine-Cart Madnessと名付けられているようです。

が、ドンキーに限ってはどの国のパークにできるかよくわからないという記述が記事にありました。

ドンキーコングはオーランド向けで、日本にはできないだろうというツイッター上の情報もありました。

以下のゲームメモの記事も、このコンセプトアートについて触れています。

日本語なのでわかりやすいです。

アメリカのトップが構想を説明

そんな中、世界のユニバーサルパークを運営するアメリカのユニバーサル・パークス&リゾーツCEOのトム・ウィリアムス氏が構想を明らかにしたという海外メディアの報道がありました。

アトラクションズマガジンという媒体です。

筆者の英語能力は怪しいものですが、以下のような内容と思われます。

①2020年東京五輪までとしていた開業時期を2020年春と明言

②マリオカート以外に、ヨッシーズアドベンチャーズが登場

③リストバンドが渡され、アトラクション内で遊んだスコアが記録される

④ゲーム機と連動?任天堂スイッチと連動して遊べるかも

ばるらぼというサイトにもこの記事を引用したと思われる内容が紹介されていました。

リストバンドにはマリオがデザインされているらしいです。

スイッチと連動すると思うと楽しそうですね。

ここで、任天堂の宮本茂氏の気になる過去の発言がありました。

――2020年にどのプラットフォームが主流になっているのかはわかりませんが、「SUPER NINTENDO WORLD」において実際のゲーム機と連動する可能性はありますか?

宮本茂氏:2020年にはNintendo Switchがもっと育っているのが理想なのですが、5年以上の寿命を持つハードをこれからも作っていきたいと思ってはいますが、まだまだSwitchの時代だと思うのですが、その頃にたくさんの人がそのゲーム機をパークに持ってきてもらえるのであれば、いろんな連動の可能性があると言うことで、パークの技術陣と任天堂の技術陣がいろいろと相談をしながら進めさせていただいております。

僕たちも、ルーヴル美術館など公共のエリアで、通信や任天堂のプラットフォームを使うといったことを研究しているので、そういった側面でも密なやりとりを行なっております。

2017年6月8日  GAME WATCHより

この時点でゲーム機との連動を示唆しています。

スイッチを始めとするゲーム機との連動の可能性は高いと言えるでしょう。

一方で、USJからの発表は9月時点でありません。

お客さんがいっぱい来るハロウィンの時期に任天堂エリアの話題を出してしまうと、「春に任天堂エリアができるなら、行かなくていいや」という人がいそうです。

あえて情報を出していないと考えることもできます。

IRと任天堂エリア

過去の「夢洲にテーマパーク構想」の投稿では、IR建設の候補地である夢洲でのUSJ第2パークの可能性について検討してきました。

ここで、興味深いニュースが配信されています。

シンガポールのIRに任天堂エリアが登場

シンガポールのIR内に任天堂エリアが設けられるという報道です。

ポイントはIRとユニバーサルのパークという点です。

先ほどは朝日新聞の記事を紹介しました。

今度は時事通信の記事を引用します。

【シンガポール時事】任天堂のアトラクションエリア「スーパーニンテンドーワールド」がシンガポール・セントーサ島のカジノ併設総合リゾート(IR)、リゾート・ワールド・セントーサにも2025年までに開設されることになった。

シンガポール政府が3日、国内のIR拡張計画の一部として明らかにした。

時事通信より

トラベルボイスがより詳しく紹介しています。

シンガポールのセントーサ島で「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」を運営するゲンティン・シンガポールがこのほど、5年間にわたる大規模拡張計画に着手した。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールにテーマゾーンを2つ新設し拡張するほか、大型の海洋博物館(シンガポール・オーシャナリウム)を建設。総投資額は45億シンガポールドル(約3700億円)に上る。
ユニバーサル・スタジオ・シンガポールには、ミニオン・パークのほか、日本の任天堂をテーマとしたスーパー・ニンテンドー・ワールドを新設する。

スーパー・ニンテンドー・ワールドにはマリオなどのキャラクターが登場し、ゲームの世界観を楽しめるようにする。

トラベルボイスより

シンガポールを代表するIR「リゾート・ワールド・セントーサ」のユニバーサル・スタジオ・シンガポール。

ここに、任天堂エリアとミニオンパークが建設されます。

USJに訪れる客をシンガポールに誘導しようとする意図も垣間見えます。

さらに、北京では2021年春、ユニバーサル北京リゾート建設が計画されています。

USJ最大のライバルは同じユニバーサルのシンガポールと北京、と捉えることもできます。

いずれにしろ、IRとテーマパークの親和性はこのリゾート・ワールド・セントーサの事例を見ても明らかです。

となると、IR構想のある夢洲で、「リゾート・ワールド・セントーサ」内のパーク運営実績があるコムキャストが進出を検討するのは当然でしょう。

また、リゾート・ワールド・セントーサには水族館があります。

大阪には海遊館がありますが、海遊館についても夢洲移転の可能性があります。

USJの第2パークと新たな海遊館が夢洲に誕生するなら夢が広がります。

これについても、別の記事で検討しています。

おすすめ記事