旅行・出張におすすめ(写真付)
おすすめ商品(写真付)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
東京ディズニーリゾート
おすすめ商品
旅行・出張におすすめ
Yahoo!ショッピング限定企画
楽天限定企画

いずれも2020年に大型の新エリア

USJ(ユニバ)とTDR(東京ディズニーリゾート)には、アルバイト確保の課題があります

深刻化すると思われるのが東京五輪がある2020年以降です。

USJ

任天堂エリアの開業が2020年夏に控えています。

投資額は600億円ハリー・ポッターエリアの450億円を上回ります

公表されているマリオカート以外にも、ドンキーコング、カービィ、ポケモン、ゼルダなど様々なキャラクターを抱える任天堂ですから、きっと魅力的なエリアになることでしょう。

TDR

東京ディズニーランドでは、2020年春に「美女と野獣」の新エリアが建設されます。

オリエンタルランドがプレスリリースを公表しています。

東京ディズニーランド大規模開発は、東京ディズニーランド内の 7 つのテーマランドのうち「ファ
ンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の 3 つにまたがる総開発面積約 47,000 ㎡の場所に、大型アトラクションや全天候型エンターテイメントシアター、レストラン、商品店舗などの新しい施設を、総投資額約 750 億円をかけて導入するものです。

オリエンタルランド・プレスリリースより

750億円とは、任天堂エリアをさらに上回る規模です。

こちらもTDLで過去最大規模の投資です。

詳しく見てみます。

メインの大型アトラクション、美女と野獣「魔法のものがたり」は約320億円をかけます。

「ファンタジーランド」には、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが生まれます。
高さ約 30mの「美女と野獣の城」の中にある、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」では、映画の名曲に合わせて踊るように動くライドに乗り、映画のストーリーに沿っていくつもの名シーンをめぐります。ベルの住む村には、商品店舗「ビレッジショップス」やレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープンし、まるで映画の世界にいるような風景が広がります。

2016年の公式ブログの記事から外観を引用します。

東京ディズニーリゾート公式ブログより

日刊工業新聞の記事を引用します。

TDLで過去最大の約750億円を投じ、ディズニー映画「美女と野獣」をテーマにした大型アトラクションなどを建設、20年春の開業を目指している。

新エリアの中央部分では、高さ約30メートルの複数の柱を建設中で、この柱は「美女と野獣の城」の塔の一部となる。

TDL内では約50メートルのシンデレラ城に次ぐ高さの建造物として、新たなシンボルとなることが期待されている。

日刊工業新聞より引用、抜粋

これだけではありません。

ライブエンターテイメントが楽しめるシアター、ベイマックスをテーマにしたライドアトラクションなど、美女と野獣以外にも新しい施設が登場します。

並々ならぬ力の入れようを感じます。

スタッフが重要

新エリアを作るということは、そこで働くスタッフの教育も必要になります。

テーマパーク産業はイメージが大切で、高い接客の質が求められます。

受験や就職活動がある学生アルバイトは数年での入れ替わりを想定しなければなりません。

長期で働いてくれるフリーター、シニア世代を取り込なければ運営に支障をきたすでしょう。

継続して、接客スキルのあるスタッフをどれだけ確保できるかが重要になります。

東京五輪の余波

2020年は東京五輪が予定されています。

その関連で、インバウンド需要の伸びが見込まれるでしょう。

東京五輪でも11万人ものボランティアを確保します。

小売、外食チェーンも商機を見出し、時給を上げてアルバイト確保に奔走するでしょう。

広い意味ではエンターテイメントとして、東京五輪とテーマパークは競合するとも言えます。

また、テーマパークよりも交通の便が良い場所にあり、時給も上げてくるであろう小売、外食とのアルバイト確保の戦いをどう勝ち抜くのか。

テーマパークは単にエリアを造ればそれで終わり、というわけではありません。

スタッフの質と量を保てなければ、せっかく魅力的なエリア拡張をしても、ゲスト満足度は下がってしまいます。

テーマパーク産業は活況

埼玉県飯能市宮沢湖周辺に2019年3月、ムーミンバレーパークがオープンしました。

名古屋市のレゴランド・ジャパンは2019年7月、忍者をテーマにした新エリア「レゴニンジャゴー・ワールド」を開業しています。

2020年を前に、テーマパーク産業は盛り上がりを見せています。

そして日本が誇るジブリも

ジブリパークが2022年秋に一部開業します。

愛知県の愛・地球博記念公園内に整備される予定です。

じゃらんニュースと愛知県の資料を引用します。

2020年以降、魅力的なパークが次々と出てきます。

アルバイトはもちろん、テーマパーク運営のノウハウがある正社員も人手不足ではないでしょうか。

「おもてなし」できるか

オリエンタルランドは大阪でもアルバイト説明会をやり、バイト向け住宅まで設けてスタッフ確保に注力しています。

テーマパークを担う人材の奪い合いは、地域の垣根を超えてきています。

2020年には東西の2大テーマパークで大型の新エリアが登場します。

そして、東京五輪があり、商機を見出す周辺産業も活況を呈します。

盛り上げるスタッフの量、質が伴っていなければ、十分な「おもてなし」はできません。

テーマパークでは、アトラクションだけでなく親切で明るいスタッフの振る舞いを思い出す人も多いはず。

人材育成、確保に向けた各テーマパークの戦いはもうすでに始まっているのかもしれません。

おすすめ記事